子供はなぜ勉強しないのか?

勉強しない子供には必ず「勉強しなさい」と言います。  そうすると、子供は「うるさいなあ」 「わかっている」 「今からやろうと思っていたのに」と答える。 これは、昔も今も変わらない。

そもそも、子供はなぜ勉強しないのでしょうか?

理由はいろいろ考えられますが一番の理由は「勉強をする意義がわからない」ということかもしれません。日常生活で必要の無いことまで学習する必要性があるのだろうかという疑問をもっている子供もたくさんいるはずです。  そして、この疑問をぶつけてくる子供もたくさんいると思います。

コレに対して、「つべこべ言わずにヤレ」と押し切るのもひとつのやり方かもしれませんが、これでは納得できません。  これは、大人同士の関係でも子供と大人の関係でも変わりません。

納得のいく答えを与える必要があります。

とは言っても、これはそんなに簡単なことではありません。

終身雇用制度が保証されているのなら、良い成績をとって良い大学へ行って良い会社にはいってよい生活を送るためにはがんばって勉強しなければいけないと言えますが、終身雇用制度が崩れて実力があれば学歴とは関係なく起業し、成功する例が増えている現在においては、「良い学校に行くために勉強する」というのはもはや回答になりません。

このことは肝に銘じておく必要があります。

家庭学習において、どのように勉強すれば(HOW)最も効率的なのかということは非常に大切なことですが、根底には「どうして勉強するのか?」「させるのか」とういWHYがあります。

コーチングについての専用サイト「勉強が大好きになる学習コーチング」では、勉強に非常に効果的なコーチングについての詳細を見ることができます。
勉強が大好きになる学習コーチング