不登校・ひきこもりの子供における家庭学習・勉強方法の選択肢

不登校やひきこもりの子供は学校に行けないのですが、勉強は子供にとって絶対に必要です。

では、どうすればよいのでしょうか?

家庭学習の方法には、いろいろありますが、不登校やひきこもりの子供にあった家庭学習の方法は限られてきます。

家庭学習で一般的なのは塾ですが、不登校やひきこもりの子供には向いてません。 逆に、塾にいけるくらいでしたら不登校やひきこもりにはならないでしょう。

では、不登校やひきこもりの子供の家庭学習にはどんな選択肢があるかと言えば、次の3つが考えられます。

一つ目は、一般的な学習教材を使って自習する。
二つ目は、不登校・ひきこもり専任の家庭教師にする。
三つ目は、不登校・ひきこもりに実績のあるネット塾に入る。

学習教材による学習

この中で、一般的な学習教材を使うのがコスト的にも安くて、不登校やひきこもりの子供にあっているように思いますが、気になる点があります。

それは、ひとりでコツコツと学習教材で勉強できたとしても、不登校やひきこもりの生徒にとって精神的にはよくありません。

学習教材を使って自分ひとりで勉強すると言うことは、外の世界を遮断することにもなるからです。

不登校・ひきこもり専任の家庭教師

では、不登校やひきこもりの子供が、外の世界に無理なく触れながら家庭学習ができる方法を考えると不登校生徒を扱っている家庭教師かインターネットを介して勉強ができるネット塾になります。

家庭教師の場合は、家に来てもらって実際に会って学習するわけですから、不登校やひきこもりの子供のハードルは少し高いかもしれません。
相性がぴったり合ってカウンセリングもできる専任の家庭教師が必要になりますが、そういった方とめぐり合えばこれがベストな選択肢になります。

実際は条件的にきびしいので、費用的には高額になります。

該当する家庭教師 家庭教師のぽぷら

ネット塾(ネット家庭教師)

話題のネット塾ですが、映像配信型とかではなくて、インターネットを介して人との接点をもつネット塾やネット家庭教師を選択することになります。

実際に対面しなくて済むのに、しっかりコミュニケーションが出来るネット塾(ネット家庭教師)は今、不登校やひきこもりの子供の家庭学習に最も注目されている家庭学習方法です。

あまり知られていませんが、15年ほど前からネット塾は存在していましたが、当時から不登校やひきこもりの子供の家庭学習に利用されていました。

不登校やひきこもりの生徒はパソコンやネット、ゲームが好きな子供が多いようなので違和感無くネット塾にはいっていけるというのもネット塾が不登校やひきこもりの子供に合う要因のようです。

該当するネット塾は  ショウイン

ショウインはネット塾の老舗で、ショウインには不登校やひきこもりの子供もたくさん学んでいます。

また、ショウインはフリースクール、公立小中学校や特殊学級、適応指導教室、病院内学級にネット教材(ショウインキッズ)を寄贈しています。

ショウインの場合は、家庭教師に比べると、費用的には随分リーズナブルだと思います。

ネット塾を選んだ理由についての情報を調べると、結果は以下のようになっていて不登校・ひきこもりが理由のひとつにあがっていました。

 ネット塾を選んだ理由

クラブ活動をしていて塾に行く時間がない
塾の送迎が大変
女の子なので夜間の帰宅が心配
不登校、ひきこもりなので普通の塾にいけない
家庭教師を家に入れるのに抵抗がある
自分のペースで勉強できる
気に入った先生に習える
etc