過去問題の正しい活用

これは、英検に限ったことではありませんが、過去の問題を解くということは非常に大切なことです。
もちろん、これは、あたりまえのことです。
が、多くの人が答えあわせをして、今の実力を評価しているだけに終わっているのが事実です。
本来、過去問活用の趣旨は、過去の問題がどれだけ正解できたかということではなく、「どうして間違ったのか」をチェックして、できなかった問題やそれに類似する問題をいかに理解して自分のものにすることが最も大切なことなのです。

英検過去問のダウンロード

昔なら英検の過去問を調べるには本屋で英検過去問が載っている問題集を探さなくてはならなかったのですが、今ではインターネットで調べられるようになったのでとても便利になりました。

英検の公式サイトには英検の過去問と回答がPDF形式であがっていますので活用しましょう。
英検には英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級、英検4級、英検5級と7つのレベルがありますが、
現在は2010年3回目と2011年1回目と2回目の過去問及び回答が全レベル見ることができます。
直近3回分の全レベル(級)の過去問と解答を見ることができます。

もちろん、データ自体はPDFで提供されていますので自分のPCにダウンロードして自宅のプリンターに打ち出すことも可能です。

また、英検のリスニング原稿とリスニング問題(音声)も掲載されています。
つまり、英検各級の一次試験の内容が全て公式サイトにアップされていて自由に利用できるということです。
そして、英検2次試験については試験の様子を臨場感あふれる漫画動画で説明しているので良くわかると思います。

過去問ダウンロードの注意点

過去問の掲載は直近の3回分だけなので、試験が終了すれば一番古いものが消えてしまいます。

だから、早めにダウンロードをしてください。

関連記事

旺文社『英検ネットドリル』は過去6回分の過去問を収録

旺文社の英検ネットドリルは、同社の英検ベストセラー教材をネット教材にブラッシュアップして開発された最新鋭の英検対策教材です。

非常に学習効率の高い英検ネットドリルは、たくさんの受験者に支持されています。
次回の英検には是非、英検ネットドリルで学習してはいかがでしょうか。
英検過去問も6回分が収録されていますのでしっかり勉強できます。
旺文社の英検ネットドリルはインターネットを使った最新鋭英検対策教材なので、英検の勉強に飽きることなく、勉強を楽しく効率的に学習できるのでとても人気のある英検対策用の学習教材です。

英検ネットドリルの対象は英検2級、英検準2級、英検3級、英検4級、英検5級の5クラスになります。 英検1級、英検準1級は残念ながら対応していません。

過去問も掲載の英検ネットドリル

英検ネットドリルの説明と動画はコチラで確認できます。是非ご覧ください。

英検ネットドリル徹底解剖で英検ネットドリルの詳細が確認できます。

英検準2級対応-英検ネットドリル解剖はコチラ

英検3級対応-英検ネットドリル解剖はコチラ

英検4級対応-英検ネットドリル解剖はコチラ

英検5級対応-英検ネットドリル解剖はコチラ

英検の過去問題が無料で学習できる

英検の過去問題を中心に、無料で学習できるサイトです。
英検ネットドリルの過去問題は少し前の問題ですが、こちらの問題は比較的新しい問題です。あわせて学習すればより効果的でしょう。
問題は、英検3級と英検4級を中心に全級を予定しています。今後、問題数は徐々に増やしていく予定です。
英検ネットドリルのように詳しい解説や辞書機能はありませんが、ウェブ上で簡単にできて答え合わせも簡単にできます。